世界を魅了した広東

広東料理ホテルでの料理として広東料理が重要な意味を持つのは、素材の多様性があり、それぞれに合わせた調理法が進化していったからです。何でも食べるといわれる広州の人々は、さまざまな野菜が育ち、海にも近く、野生動物も採れるという地域だからこそ、多くの調理方法を生み出してきました。

小麦粉を使った面料理もありますし、米も多く使います。日本人の舌にもぴったりなのが広東料理なのです。調理方法も中国料理の中でも濃い味付けではなく、素材の持ち味を生かしていくのもあっているポイントになってくるでしょう。

広東料理は柔軟性の強いことでも知られています。西洋料理やインド料理、マレー料理といったところも技法を取り入れてしまっていきますし、日本食も平気で取り入れて作っていくのです。これは広州が海外の国々との交流が盛んであったところがポイントになるでしょう。さまざまなアレンジを含め、自分たちのものにしてしまうふところの広さがあるため、ホテルでも人気の料理になっていったといえます。それだけに、広東料理を食せるホテルであれば、世界各国の人が集まるところであり、安心して利用できると考えることができるでしょう。世界の人をそれほど魅了してきた料理なのです。

食は広州にあり

世界にはさまざまな料理がありますが、奥の深さということでは、計り知れないものがあるのが中国料理であることは間違いありません。四台中国料理の中でも、ホテルでも楽しむことができる広東料理は、日本での知名度は他の3つと比較しても高くはないでしょう。ですが、食は広州にありとも言われるほど、広東料理は発展してきた料理方法です。有名な中華のシェフは広州出身者が多いとも言われ、それほど味わい深い料理が多数あります。

ふかひれ広東料理というとなじみが少ないように感じますが、実際にはポピュラーで日本人が思い浮かべる中国料理のほとんどが含まれています。ツバメの巣から始まり、ふかひれやかに玉、チャーシューやシュウマイといった点心的な料理も広東料理だからです。

どれもなじみ深いものであると感じるはずですが、それだけ食材が豊富に採れて、飛ぶものは飛行機以外、泳ぐものは潜水艦以外、四本足は机と椅子以外、二本足は親以外なんでも食べるなどとまで言われます。それほど食べることが大好きな地域であり、美食を追求してきた情熱的な料理であるといえるでしょう。世界各国の人が集まるホテルだからこそ、舌鼓を打つ広東料理も味わうことができるのです。

ホテルで中華

料理長ホテルを選ぶポイントはいろいろとありますが、その中でも料理の質は重要な意味を持ってきます。宿泊をする楽しみともいえますが、どんな料理が出てくるのかによっても、変わってくるでしょう。外で食べるというのもひとつですが、そのホテルが自信を持って出している料理を味わうというのも方法です。特に都市部でこれといった名産を楽しめないようなときにも、ホテルの料理がおいしければ満足できるでしょう。

逆の選び方として、ホテルの料理を中心にしてしまうというのもできるでしょう。これも楽しみのひとつとなりますが、美味しい料理をいただいて宿泊をするというのは贅沢なものです。優雅な時間を過ごすことができますし、別の場所から訪れてみても安心して楽しむことができるようになるでしょう。最近では、料理をいただきにホテルを訪れるというのも利用の仕方になってきました。それだけ自信のある料理を出すところを利用しやすくなったといえるでしょう。

さまざまな料理がありますが、広東料理を狙ってみるのも楽しみ方です。四大中国料理のひとつとして知られていますが、なかなか味わう機会が少ないのも広東料理の特色です。上海や北京、四川料理などには負けない特徴がありますので、ゆっくりと味わってみるのもいいでしょう。ホテルだからこそできるもてなしもありますので、選び方のひとつとしてだけではなく、料理自体を楽しむということで探してみてはいかがでしょうか。

推奨サイト名古屋で宿泊|名古屋東急ホテル
広東料理が楽しめるレストランのあるホテルのホームぺージです。