世界を魅了した広東

広東料理ホテルでの料理として広東料理が重要な意味を持つのは、素材の多様性があり、それぞれに合わせた調理法が進化していったからです。何でも食べるといわれる広州の人々は、さまざまな野菜が育ち、海にも近く、野生動物も採れるという地域だからこそ、多くの調理方法を生み出してきました。

小麦粉を使った面料理もありますし、米も多く使います。日本人の舌にもぴったりなのが広東料理なのです。調理方法も中国料理の中でも濃い味付けではなく、素材の持ち味を生かしていくのもあっているポイントになってくるでしょう。

広東料理は柔軟性の強いことでも知られています。西洋料理やインド料理、マレー料理といったところも技法を取り入れてしまっていきますし、日本食も平気で取り入れて作っていくのです。これは広州が海外の国々との交流が盛んであったところがポイントになるでしょう。さまざまなアレンジを含め、自分たちのものにしてしまうふところの広さがあるため、ホテルでも人気の料理になっていったといえます。それだけに、広東料理を食せるホテルであれば、世界各国の人が集まるところであり、安心して利用できると考えることができるでしょう。世界の人をそれほど魅了してきた料理なのです。